アトピーの人必見!身近な発酵食品が実はヤバい件

辛いアレルギー症状を緩和するために、薬やマスクが手放せないという方は多いかもしれません。食品添加物、洗剤など日常的に化学薬品に触れる機会が多く、清潔過ぎ、ストレス過多な現代社会では、アレルギー疾患を訴える人が増えてきていると言われています。

アレルギー

発酵食品は腸内細菌を増やし、腸の免疫力を高めてくれる効果があります。人間の体内の免疫細胞は、腸内に60%も存在しています。腸内免疫機能が発達・正常化するとアレルギーの症状を抑えることができると言われています。特に、乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌が棲みにくい環境にすることで腸内環境を整えてくれます。アレルギー緩和のために、発酵食品を!とPRしている健康食品はたくさんありますね。

しかし、ここではアトピーの方は避けた方がいい発酵食品をご紹介致します。え?免疫力をアップする発酵食品はアトピーにいいんでしょ?と思われるかもしれません。しかし、発酵食品はそれぞれの持つ菌や酵素の働きがあり、アトピーの方には避けて頂きたい発酵食品も少なからず存在するのです。

アトピーにNGな発酵食品

■キムチ

キムチに含まれる唐辛子の辛み成分がアトピーの方にはよくないことが分かっています。キムチをいっぱい食べてお肌がキレイな韓国人と違い、日本人は辛い物を食べる食習慣がないため、体質的に刺激が強過ぎ、腸や内臓に負担が掛るのです。一般的にも、肌荒れなどが気になる場合は辛い食べ物など刺激物は避けるように、と言われているのはこのためです。

■ヨーグルト

えーっ?!アトピーに効くヨーグルトって聞くけど?!と意外に思われる方も多いかもしれません。しかし、思い返して欲しいのです。「毎日ヨーグルトを食べてるのに便秘になった」「ヨーグルトを食べたら下痢になった」という話を一方で聞いたことはありませんか?

実は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には人によって相性があり、合わない人によっては腸内環境を悪化させてしまいます。「生きたまま腸まで届く、乳酸菌」だからこそ、良くも悪くも強い症状が出るんですね。

また、ヨーグルトに含まれる乳糖は、ヨーグルトに含まれている体に良い働きをするビフィズス菌だけでなく、腸内に元々いるビフィズス菌も増やす働きがあります。実はこれがアトピー悪化の原因で、ビフィズス菌は全ての菌が善玉菌として働くわけではなく、腸内のビタミンを消化し、ビタミン不足を招くものや大腸ガンを誘発する物質を発生させている疑いのある菌もいます。

ビフィズス菌の中には、ビオチンを餌にしている菌もいるそうです。ビオチンとは、ビタミンの一種で多くのアトピー患者さんはビオチンが欠乏していることが分かっています。ビオチンは皮膚炎やアレルギーを抑制したり、角質層を丈夫にしバリア機能を高めるなどの働きをします。

自分に合うヨーグルトが見つけられた場合は、ヨーグルトでアトピーが改善された!ということもあると思われますが、逆効果の場合もあります。些細な体調の変化でも悪化するアトピーの方には、ヨーグルトは避けた方が良いでしょう。