だから痩せる!発酵食品ダイエットオススメレシピ

最近話題の「発酵食品ダイエット」が気になっている方も多いのでは?発酵食品のダイエット効果についてまとめました!

発酵食品でなぜ痩せるのか?

ダイエット
発酵食品に多く含まれるアミノ酸やビタミンB群は脂肪の合成を抑え、脂肪細胞を溜まりにくくする効果があります。特にビタミンB群はエネルギーの代謝に不可欠な栄養素。それプラス発酵食品の持つ酵素の力で代謝はアップし、余分な脂肪を排出しやすくしてくれます。また、乳酸菌には整腸作用があり、便秘を解消してくれます。

ダイエットにオススメな発酵食品と食べ合わせ

発酵食品は毎日少量ずつ色んな種類で摂ることが、健康にもダイエットにもいいとされています。代表的な発酵食品のダイエット効果についてまとめました。

■コレステロール抑制
キムチ、納豆、ヨーグルト、酢、味噌、チーズ
■脂肪吸収の抑制
キムチ、納豆、ヨーグルト、酢、プ―アール茶
■代謝アップ
キムチ、鰹節、酢
■整腸作用
キムチ、納豆、ヨーグルト、漬物、塩麹

オススメの食べ方をご紹介します!

キムチ+納豆

キムチに含まれる唐辛子には、カプサイシンという成分が多く含まれ、血糖値の上昇を抑え、脂肪の分解を促進する働きがあります。また、発汗作用や代謝を高める効果もあります。キムチに多く含まれる乳酸菌は、腸内環境を整え便秘を解消してくれます。オススメは魚介エキスがたっぷり入ったキムチです。魚介類にはタウリンと呼ばれる成分が含まれ、コレステロール、内臓脂肪を減らす効果があります。

納豆に多く含まれる大豆イソフラボンはコレステロールを抑制する効果があります。また大豆に含まれている大豆サポニンは、脂肪や糖質の過剰吸収を抑えてくれます。納豆の持つ酵素である、納豆キナーゼは血液をサラサラにし、整腸作用があるためダイエットに効果的と言われています。

オススメは同量のキムチと納豆を混ぜて、常温で一晩寝かせてから食べること。これで乳酸菌の量が増え、ダイエットに効果的な食べ方と言えます。

ヨーグルト+酢

ヨーグルトは豊富な乳酸菌による整腸作用と、カルシウムによる脂肪燃焼促進効果が得られます。菌によっては皮下・内臓脂肪の抑制や、血糖値の上昇を緩和する効果もあります。ヨーグルトを買う際は、どんな菌が入っているのか確認してから買いましょう。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の多くは胃酸で死滅します。そのためヨーグルトは食後に食べる方がオススメですが、乳酸菌の死骸は腸内で善玉菌を増やす効果があるため、死んでしまっても問題ないと言えます。

お酢は豊富に含まれるクエン酸やアミノ酸が脂肪の燃焼を燃焼させ、新陳代謝を高めます。クエン酸は利尿作用も高くむくみ解消、整腸作用もあるため便秘解消の働きもあります。お酢は血糖値の急激な上昇も回避する働きもあるため、食事中か食後に摂取する事をオススメします。一日15~30mlを摂取するとダイエット効果が実証されていますので、ヨーグルトに混ぜて飲む事をオススメします。お酢は、黒酢が一番アミノ酸豊富でダイエットに適しています。

発酵食品ダイエットは、栄養面でも健康的なダイエットなので安心してオススメ出来ます。厳しい食事制限で一時的に体重が減少、満足感を得たとしても、栄養不足から骨粗しょう症や貧血、便秘や肌荒れなど健康が損なわれる、死(ダイ)エットでは意味がないのです。発酵食品で食事は美味しく、健康的に痩せましょう♪